後遺障害の等級認定

交通事故で被害を受け、後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害認定を受けることができます。しかし、後遺障害認定には等級が存在しているのです。後遺症がどれだけ酷いのかによって、1級から14級まで存在しているのですが、1番軽い症状が14級となり、最も重い症状の場合には1級となります。では、どのようにして後遺障害認定を受けるのでしょうか。もちろんそのまま放置しているだけでは後遺障害認定を受けることはできません。

大きく分けると2つの方法があるのですが、1つ目は事前認定という方法で、2つ目は被害者請求という方法です。事前認定というのは加入している保険会社が手続きを行って、後遺障害認定を受けるという方法になります。それに対して被害者請求というのは、後遺障害認定を被害者が行うという方法です。どちらにも一長一短があるので、どちらを選択した方がよいということは言えませんが、まずはどのようなメリットとデメリットがあるのかを見ていきましょう。

事前認定の場合には、保険会社が全ての手続きを行ってくれるので、自分では何もしなくても後遺障害認定を受けることができます。ただし、等級が低くなってしまうケースが多いので、納得できる等級認定をしてもらいたい場合には、やはり被害者請求の方がよいでしょう。被害者請求であれば弁護士に助けてもらうこともできますし、納得のいく等級認定をしてもらえる可能性が高くなりますが、手続きを自分で行わなければいけないというデメリットがあります。

しかし、後遺障害認定を受けてしっかりと慰謝料を支払ってもらうためには、自分の納得のいく等級認定をしてもらうことが大切になります。そのため、多少手間がかかったとしても、被害者請求の方をすすめる弁護士が多くなっているのです。そのためにはまず後遺症に関する知識が豊富な弁護士を探し、しっかりとアドバイスや指導をしてもらうことが重要になります。交通事故の場合には、依頼する弁護士によって結果がかなり変わってくることを知っておきましょう。