弁護士のホームページ集客

弁護士ホームページ制作

経営コンサルティングと弁護士

通常経営コンサルティング業者にアドバイスを求めてくるのは、民間企業や個人事業を行っている人が一般的ですが、中には弁護士など法律に関する専門職の人も相談に来ることがあるのです。ここで1つ事例を見てみようと思いますが、弁護士事務所を開設してもあまり相談者や依頼者が来ないで、経営が厳しくなったことで経営コンサルティング業者に相談しました。

すると、民間と同じように市場調査やマーケティングをきちんと行い、少人数の相談者や依頼者に信用してもらえるだけの知識と接客マナーを身に付けるようにアドバイスをもらいました。さらに宣伝方法のアドバイスをもらって実行したところ、2年余りで目標にしていた依頼数を超えたので、相談してよかったという事例があります。

このように資格を持っている専門職であっても経営コンサルティング業者を頼る場合があるので、経営コンサルティングというのはいろいろな分野の知識を持っていないといけません。また、どのような仕事であっても応用は可能になっているのです。

効果的な集客できるホームページを作る

開業したばかりの弁護士先生にとって大事なのは、弁護士事務所の効果的な弁護士ホームページ制作が重要になります。例えば弁護士事務所が開業したから大勢の相談者を呼びたい場合には、やはりホームページを作って多くの人に見てもらうのが一般的な宣伝方法になります。

弁護士が自ら飛び込み営業するには規制が多く、新規顧客開拓をするためにホームページを作成するのがよいでしょう。

最も一般的な宣伝母体であるホームページ作成がしっかりとできていなければ、当然誰も見てくれないという結果になってしまいます。実は、大金をかけて制作しても、集客に活用できないホームページは多いのです。

法律事務所のホームページの種類もたくさんあり、名刺型、デザイン重視型などです。ただ、一番気をつけないとならないのは、「何のためにホームページをつくるのか?」という目的です。それは「まだ当事務所を知らない人が検索して、訪問してもらうため。新規顧客の開拓のため」という回答になるでしょう。

しかし、多くの人はしっかりとホームページを見つけられないままでいます。そのため、この検索上位に表示し、多くの方にみてもらうことが効果的と言えるでしょう。有効的なホームページを作るためには実力がある業者を選定する必要があります。